プロフィール

dona626

Author:dona626
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



FC2カウンター



RSSフィード

グリムスの育成



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



今日のお花
季節の美しいお花たち

オーシャンブルー(琉球アサガオ)
オーシャンブルー(琉球アサガオ)
オーシャンブルー(琉球アサガオ)092 (2)

オーシャンブルー(琉球アサガオ)092 (3)


ツルボ(蔓穂)
ツルボ(蔓穂)
ツルボ(蔓穂)46 (2)

ツルボ(蔓穂)46

ジンジャー
ジンジャー
ジンジャー (3)

ジンジャー (2)


シオン(紫苑)
シオン(紫苑) キク科シオン属の多年草
日本原産の野菊の仲間・・・、名前からして日本の花の感じがしますね・・
シオン986

シオン(紫苑62 (4)

シオン(紫苑62

クジャクソウ(孔雀草)
クジャクソウ(孔雀草)
枝を広げて沢山の花をつけることから孔雀が羽を広げてる様子に見立てて
名前がついたのでしょう・・そう思ってみるとそのように見えてきますね・・
クジャクソウ738

クジャクソウ(孔雀草)628

キンミズヒキ〈金水引〉
キンミズヒキ〈金水引〉
キンミズヒキ25

キンミズヒキ25 (2)

イモカタバミ(芋片喰)
イモカタバミ(芋片喰)
南米産の野草なのですが、花びらに艶もあって可愛く美しい花です・・
イモカタバミ(芋片喰)12 (2)
イモカタバミ12 (3)

ヒガンバナ(彼岸花).
ヒガンバナ(彼岸花)
名前のとおりお彼岸近くなるといつのまにか花が咲いてますね・・以前は白い彼岸花は珍しいと思っていたのに
最近は赤い色のより白が多くみられます・・・
ヒガンバナ898 (4)

ヒガンバナ898 (3)

ヒガンバナ898 (5)

ヒガンバナ898 (2)

ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)
ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)
最近は背丈を極端に低く育てた矮性のも見かけるようになりましたね。ヤナギバルイラソウ841 (2)

ヤナギバルイラソウ841 (3)

この白い花のが矮性です・・ほとんど背丈がありません・・全く同じムラサキ色のもあります・・
ヤナギバルイラソウ(矮性)20 (4)

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)
ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花) アオイ目アオイ科ヤノネボンテンカ属の草本性低
タカサゴフヨウ(高砂 芙蓉) とも言われてますがフヨウよりムクゲに似てるなと思います・・
花の大きさがフヨウやムクゲほど大きくなくて花径3センチほどの大きさです・
中心部が濃赤褐色で美しく・・葉はヤジリのような形をしているのが特徴です・
ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)696 (2)

ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)696 (3)

ホテイアオイ(布袋葵)
ホテイアオイ(布袋葵)
ホテイアオイ(布袋葵)801 (2)

ホテイアオイ(布袋葵)801 (3)

ミヤギノハギ(宮城野萩)
ミヤギノハギ(宮城野萩)
宮城県に多く自生することからミヤギ野とついたそうですが、今ではここら辺でもあちらこちらで
多くみかける萩です。
ミヤギノハギ(宮城野萩)805 (3)

ミヤギノハギ(宮城野萩)805

ムラサキナツフジ
ムラサキナツフジ   マメ科の常緑蔓性低木
藤の花といえば下に垂れ下がる印象がありますが、この藤は上にむいて咲いてるようです・・
ムラサキナツフジ49 (2)

ムラサキナツフジ49 (3)

シロバナナンテンハギ(白花南天萩)
シロバナナンテンハギ(白花南天萩) マメ科ソラマメ属の多年草
葉の形が南天の葉ににてるのと花が萩の花に似てるとこからこの名前ついたようです。
シロバナナンテンハギ741 (2)

シロバナナンテンハギ(白花南天萩)39

ハブランサス
ハブランサス
ハブランサスはギリシア語のハブロス(優雅な)とアンサス(花)からきており「優雅な花」という意味なんだそうです。雨上がりに花が咲くことから別名レインリリーとも呼ばれています。
この写真の花は大きな花(花径8センチほど)のハブランサスですが、小さいのは(花径4~5センチ)ゼフィランサスの花にもとてもよく似ています。
違いはゼフィランサスは上向きに花を咲かせるのに対してハブランサスは横向きに花を咲かせます。
ハブランサス72 (2)

ハブランサス72 (4)

ボタンヅル(牡丹蔓)
ボタンヅル(牡丹蔓) キンポウゲ科センニンソウ属
センニンソウの花に似ています・・違いは葉が牡丹の葉に似てるので見分けがつくかと思います・
ボタンヅル(牡丹蔓) 62 (2)

ボタンヅル(牡丹蔓) 62

テルナミ(サンジソウ)
テルナミ(サンジソウ)
小さい花ですが、日の当たると黄色の花びらがシルクのように 光り輝いている美しいお花です。
テルナミ(サンジソウ)34 (3)

テルナミ(サンジソウ)34 (5)

マメアサガオ
マメアサガオ   ツル性の1年草
マメとついてるだけあって小さいアサガオです。・・花径1.5センチほどでアサガオなのでお昼過ぎには
しぼんでしまいます。
マメアサガオ17 (6)

マメアサガオ17 (5)

アサガオ
アサガオ
アサガオ683

アサガオ683 (4)

ナンバンキセル(南蛮煙管)、
ナンバンキセル(南蛮煙管)
ポルトガル人やスペイン人の船員がくわえていた マドロスパイプに見立てて「ナンバンギセル」の名前が付いたのだそうで万葉集では「思草( おもいぐさ)」の名前で登場しており、古くから日本で親しまれていた植物だというのですが、日常的にはあまり見かけませんね・・
ナンバンキセルは自分だけで独立しては生活できない寄生植物でここのお宅のは屋久島のススキの中で育ってました・・ナンバンキセル66 (3)

ナンバンキセル66

ツユクサ(露草)
ツユクサ(露草)
ツユクサ(露草)706 (2)

ツユクサ706


ハゼラン(爆蘭)
ハゼラン(爆蘭)
3時ごろから咲くのでサンジソウとも呼ばれていますが、同じように3時ごろから咲く別の花もあります・・
夕方に小さいピンクいろの花をいっぱいつけてとても可愛いお花です・・真っ赤な実も綺麗ですね・・
ハゼラン853

ハゼラン853 (2)

ハゼラン853 (3)

センニチコウ(千日紅)
センニチコウ(千日紅)
白い花びらのようなのは苞葉(ほうよう)と呼ばれる花の付け根に付く葉なのだそうですが、
葉が花びらが重なったように見えて花の中また花が咲いてるようですね・・
日持ちのする花で夏にかかせないお花です・・
センニチコウ(千日紅181 (3)

センニチコウ(千日紅181 (6)

キョウチクトウ
キョウチクトウ
キョウチクトウ03

キョウチクトウ03 (3)

キョウチクトウ03 (2)

シナガワハギ(品川萩)
シナガワハギ(品川萩)
名前の由来は東京の品川で発見されたのでこの名前がついたとか・・
葉が3枚なのが特徴でわかりやすいですね・・同じマメ科の萩の花にやはり似ています。
シナガワハギ(品川萩)02 (2)

シナガワハギ(品川萩)02

ブルーファンフラワー
ブルーファンフラワー
花びらが扇を開いたような姿でかわいいですね・・
ブルーファンフラワー 835

ブルーファンフラワー 835 (2)

センニンソウ(仙人草)
センニンソウ(仙人草) キンポウゲ科 センニンソウ属
毎年花を咲かせるつる 性の多年草です。草地や林などでつるを樹木などに 絡ませてこの時期真っ白の美しい花を
咲かせてるのを見かけます。
センニンソウ(仙人草) (2)

センニンソウ(仙人草)

スイレンボク(睡蓮木)
スイレンボク(睡蓮木)  シナノキ科グルーイア属
グルーイア属・・あまり聞いたことのない属でわからないですね・・
花の姿が睡蓮に似ているところから名づけ られたようです。長い期間咲いてるのをみかけます。
スイレンボク847 (2)

スイレンボク847

サボテン
サボテン
サボテン自身はそんなにきれいでもないのに、お花はなんて美しいのでしょうね・・・
サボテン843 (2)

サボテン843

ハナトラノオ(花虎の尾)
ハナトラノオ(花虎の尾) シソ科 ハナトラノオ属
ハナトラノオ(花虎の尾) 017
ハナトラノオ(花虎の尾) 017 (3)