プロフィール

dona626

Author:dona626
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



FC2カウンター



RSSフィード

グリムスの育成



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



今日のお花
季節の美しいお花たち

キナンテン
キナンテン(黄南天)
黄色は珍しいですね・・門司港のレトロ街でみつけました。

キナンテン1

ブルー キャッツアイ
ブルー キャッツアイ
原 産 ブラジル

猫の目ような班の 入った花がこの名前の由来だそうです
開花は9?11月

ブルー キャッツアイ

ブルー キャッツアイ1

キク
キク (菊)
kiku

kiku1


ディアスシア 
ディアスシア ピンク
花期が長く、暖かいところに置けば年末まで咲いています

ディアスシア 

ディアスシア ピンク




湖東三山の紅葉
金剛輪寺の紅葉
金剛輪寺の紅葉

西明寺の紅葉
西明寺の紅葉

百済寺の紅葉
百済寺の紅葉

永源寺の紅葉永源寺の紅葉




フダンサクラ
フダンサラ(不断桜)
冬桜の一種で、晩秋から春にかけて咲く桜だそうです
滋賀県西明寺でみた不断桜です

フダンサクラ

この木は樹齢250年の天然記念物

フダンサクラ1

フダンサクラ



ハゴロモルコウソウ
ハゴロモルコウソウ(羽衣留紅草)
別名 モミジバルコウソウ
葉がモミジに似ています

ハゴロモルコウソウ

ハゴロモルコウソウ(羽衣留紅草)

ハツコイソウ
ハツコイソウ(初恋草)
オーストラリア原産
小さな花を沢山咲かせ、蝶が飛んでいるような姿をしています

ハツコイソウ

ハツコイソウ1

ハツコイソウ(初恋草)

ダイハツミゼット
ダイハツミゼット  
小さくて可愛い

ダイハツミゼット

ダイハツミゼット1

ダイハツミゼット2



ホンダスポーツS600
ホンダスポーツS600
1964年発売 
この年5月に鈴鹿サーキットで開催された(第2回日本グランプリ)のGT・1レースで優勝
当時の若者のあこがれの車になった。
ホンダスポーツS600

ホンダスポーツS6001

後ろ姿
ホンダスポーツS6003

ホンダスポーツS800
ホンダスポーツS800
1966年 モータースポーツの入門車として圧倒的な支持を集め、国内のレースで大活躍を続けた。

ホンダ

ホンダ1

後ろ姿ホンダ2

ステラ・コスモ
ステラ・コスモ ホワイト
小さい可愛いお花です

ステラ・コスモ ホワイト

ステラ・コスモ ホワイト1

ステラ・コスモ ピンク
ステラ・コスモ pinnku

ガザニア
ガザニア(勲章菊)
原産地  南アフリカ

ガザニア

ガザニア1

プレクトランサス
プレクトランサス
原産地・・南アフリカ

プレクトランサス1

プレクトランサス


ヤナギハナガサ
ヤナギハナガサ(柳花笠)

南アメリカ原産の帰化植物
長い茎を出し頂上に小さな花が集まって咲きます。

ヤナギハナガサ

ヤナギハナガサ1

コウテイダリア
コウテイダリア(皇帝ダリア)

原産地:メキシコ
手の届かない場所に花が咲きます。
夏?秋にグングン伸びて、草丈が2?3mもあり、中にはは5mを超えるものもあります。

コウテイダリア

コウテイダリア1

コムラサキ
コムラサキ(小紫)

「ムラサキシキブ」と呼ばれるのはコムラサキ(小紫)のことが多いと思います。ムラサキシキブは実のつき方がまばらでもっと素朴な感じです

コムラサキ

キクティエラ
キクティエラ

ポンポン菊系の品種
ティエラシリーズのひとつ

キクティエラ

キクティエラ1


ヤナギトウワタ
ヤナギトウワタ(柳唐綿)

北アメリカ原産の多年草
名前の由来は、葉がヤナギの葉に似ていて種子の冠毛が白い綿に似ているからついた名前のようです
ヤナギトウワタ

ヤナギトウワタ1

ヤナギトウワタ2


フウセントウワタ
フウセントウワタ(風船唐綿)

原産は南アフリカ
実は薄グリーンの色をしてる
実がカパッと割れ、中から綿毛とタネが出てくる
フウセントウワタ

フウセントウワタ1

ハツユキソウ
ハツユキソウ(初雪草)

原産は北アメリカ
葉に白い斑(ふ)入りになり、雪化粧をしたように見えるため初雪草と 呼ばれます

ハツユキソウ

ハツユキソウ1



ヒメツルソバ
ヒメツルソバ (姫蔓蕎麦)

原産地・・ヒマラヤ
地味なピンク色だけどよくみると可愛いお花ヒメツルソバ

ヒメツルソバ1

ノコンギク
ノコンギク(野紺菊)
秋を代表する野の花。 葉の広いもの,狭いもの,色の変化などのもあります。

ノコンギク

ノコンギク1

ノコンギク3




コエビソウ
コエビソウ(小海老草)

別名はベロペロネ
名前の由来・・つぼみを包んでいた葉が重なりあって小海老の尻尾を連想させるところからきている。

コエビソウ

コエビソウ1